item3a
HomeコースガイドトレーニングQ&Aフルマラソンを完走する方法ランニングと健康マラソン大会体験記

昨年3月、第一回京都マラソンに酸化したランナーは1万4000人です。

その安全確保と交通規制のため、警備会社から3600人の警備員が投入されました。

コースには40台の臨時カメラが設置され、参加者、観戦者を見守り、運営にかかわったスタッフは参加者を上回る1万5000人を超えたました。

この京都マラソンでは衣糧救護を合わせた安全対策費だけでおよそ2億8600万円が投じられました。

さらに大会全体の総経費はおよそ6億5900万円にのぼりました。

単純計算すると1人のランナーを走らせるのに4万7000円が掛かったことになります。

京都マラソンの参加費は1人1万2000円と国内レースで最高額でしたが、それでも自治体からすれば1人当たり3万5000円の赤字だったことになります。

参加者が3万6000人、運営経費が19億円の東京マラソンでは、ランナー1人走らせる金額5万3000円に跳ね上がります。

東京マラソンの参加費は1人1万円で高いと思われてましたが、実はこれでも自治体の負担額と見合ってはいなかったのです。

今年予定されているマラソン大会で参加費が1万円を越えるのは、京都、東京、大阪、神戸、北海道、湘南国際、熊本城、名古屋ウィメンズ、です。

逆にフルマラソンで安いのは

田沢湖(3700円)、大田原/栃木、佐倉健康、館山若潮、いびがわ(4000円)、いぶすき菜の花、おきなわ(4500円)

等です。

item18b1a1b4
item18b1a1b
item18b1a1b3

Home | 皇居1周ランニング神宮外苑ジョギングコース代々木公園ジョギングコース駒沢公園ジョギングコース井の頭公園ランニングコース長沼公園でトレイルランニング多摩川ランニングコース浅川ランニングコース

東京ジョギングコースガイド&ロードマップ情報
マラソン大会開催費
item18a3
item18c
item2a1b3
item18b1b1
item18b1a1b2a
item18b1a1
item18b1a1b1a
item18b1c
item18b1b
item18b1a1b2
item18b1a
スポ婚!ランニング婚活
ランニングと健康の知識
ランニングを楽しく続けるポイント
item18b1a1b1
item18b1
東京ランニングコースガイド
item2a1b3b1
item18b1b2a
item18b1a1b2b
item18b1a2b
メール
ジュビロ磐田マラソン体験記
item18b1a1b1b
ランニングポリス
ランニングは脳にいい
item18b1d1
item18b1a1b2b1
トレーニング方法Q&A
ジュビロ磐田マラソン体験記
スポ婚!ランニング婚活ランニングと健康の知識ランニングを楽しく続けるポイントジュビロ磐田マラソン体験記ランニングポリスランニングは脳にいいトレーニング方法Q&Aジュビロ磐田マラソン体験記