東京ランニングコースガイド東京マラソンランニング婚活
item5

インターバルトレーニング

ランイング中に500m〜1000m程度のダッシュを繰り返し、それぞれの疾走の間はゆっくりジョギングでつなぐトレーニング方法です。

インターバルトレーニングの反復刺激によって心臓の容積が大きくなり、1回の心拍で送り出す血液量が増加します。また毛細血管の発達なども引き起こされ、より多くの酸素が筋肉に運ばれるようになります。こうしたことで最大酸素摂取量のアップにつながり筋肉によるエネルギー生産効率が高まると期待されます。

また疾走を繰り返すため、速筋繊維が発達しスピードアップにもつながります。さらに運動後のエネルギー消費量も多く、脂肪が燃焼するため、体脂肪率が低下しやすくなります。つまり、ランニングのスピードアップとダイエットの両方に効くんです。

最近は、PTAの会合が多くて夜外出する機会が増えているのですが、その帰りにこのダッシュを繰り返すトレーニングをやっています。PTAの会合はそれほど遠くない場所でやるので、長居距離を走るトレーニングには向いていません。それにあまり遠出をすると楽しみにしている夜のドラマに間に合わなくなっちゃいますから(><)。

一昨日は15km、昨日は6km、会合の帰りに夜道を走りました。本当は「行き」も走っていきたいのですが、汗をかくと会合に出席されている他のみなさんのご迷惑になりますからーー。

それで昨日は1km4分30秒で走れました。走り始めて2km地点からの1kmですが、これは自己ベストタイムです(^^)。

この調子で長距離をゆっくり走るトレーニングと、短い距離しか走れない日はダッシュを繰り返すインターバルトレーニングを交互に取り入れようと思います。

皇居1周ランニング神宮外苑ジョギングコース代々木公園ジョギングコース駒沢公園ジョギングコース井の頭公園ランニングコース長沼公園でトレイルランニング多摩川ランニングコース浅川ランニングコースお台場ランニング |

東京ジョギングコースガイド&ロードマップ情報
健康 美容 ダイエット とランニングの効果
走ることは健康と長寿、美容にとても良いです
item18b1d
item2a1b2b
item2a1b1c
item18b1a1b1b
青梅マラソン2013体験レポート花粉症メガネスポーツタイプ花粉症とベーターグルカン