Homeコースガイド東京マラソンランニングと健康のマメ知識スポ婚・イベント情報
 
item5

ミトコンドリアダッシュとは

最大負荷の全力疾走を30秒間おこなうトレーニング方法です。

何mとか何kmとかの距離ではなく、

「30秒間」

という時間を決めて走ることがポイントです。

 

このトレーニングはできれば平坦な場所ではなく、坂道や階段でおこなうことが望ましいです。

1本ごとに休息を入れ、心拍が落ち着いてから次の疾走に入ります。

1回のトレーニングで4〜10本程度の疾走を目安とします。

item18b1a1b4

坂道や階段など負荷のかかる場所で、全力疾走の30秒ダッシュを4〜10本繰り返します。

疾走と疾走の間は、ウォーキングやストレッチを入れ、完全に休息します。

レペティション走とは、疾走の間に完全休息を入れる点は同じですが、走る距離が異なります。レペティション走では1〜3kmの距離を走りますが、ミトコンドリアダッシュは階段や坂道なら100〜200m程度です。

インターバル走との違いは、走る距離が短い、全力疾走、完全休息、です。

このトレーニングの目的は、筋肉中のミトコンドリアの量を増やすことです。ジョギング程度の軽い運動では、遅筋のミトコンドリアは増えますが、速筋は眠っているため、身体全体のミトコンドリアの量はほとんど変わりません。遅筋のミトコンドリア含量はもともと多いからです。

ミトコンドリアを増やす為には、ミトコンドリアの含量の少ない速筋のミトコンドリアを増やすことがポイントです。

そして遅筋であっても速筋であても、ミトコンドリアが増えると、筋肉のエネルギー生産効率があがり、「疲れ知らずの肉体」を作ることができるのです。

レースに必要なスタミナとスピードの両方を獲得できる効果があります。

またこのトレーニングのメリットは、短い時間で効果があがるということです。5本程度のダッシュなら30〜40分で終りますが、それで10〜20kmのランニングに匹敵する効果が得られます。

忙しくて練習時間がなかなか確保出来ないときや、猛暑、悪天候などの際に取り入れるといいでしょう。

自宅の近くに、このトレーニングに適した階段や坂道がない場合は、高層ビルやマンションの非常階段はどうでしょうか?それでもない場合はごめんなさい(><)

item18b1a1b4a
item18b1a1b4a1

非常に負荷のかかる運動なので、トレーニング前後には入念なケア、ストレッチを行なって下さい。

ダッシュの間は完全に休息してかまいませんが、急に座り込んだりすると乳酸がたまり、疲労が蓄積されてしまいます。ウォーキングやストレッチなどを入れながら休息し心拍を落ち着かせるのがいいでしょう。

ダッシュをする時間はきっちり30秒間です。それ以上走ると、故障やけがの原因になります。本数も必要以上に走ると疲労がたまり逆効果になります。

くれぐれもオーバートレーニングにならないように管理して下さい。

また、人や物などとの接触には十分注意して下さい。

皇居1周ランニング神宮外苑ジョギングコース代々木公園ジョギングコース駒沢公園ジョギングコース井の頭公園ランニングコース長沼公園でトレイルランニング多摩川ランニングコース浅川ランニングコーススポ婚・イベントランニング関連ニュースお台場ランニング

健康 美容 ダイエット とランニングの効果
▶前日〜直前のすごし方
青梅マラソン2013体験レポート▶前日〜直前のすごし方