Homeコースガイド東京マラソンランニングと健康のマメ知識スポ婚・イベント情報
 
item5

デッドポイントとは

走り始めて、呼吸が苦しくなり、脚も鉛のように重たく感じられ、走ることが辛く苦しいと感じる状態です。

わたしはトレーニングをするとき、いつも走り始めの1〜3kmくらいがとてもきついので

「自分はマラソンなど長距離を走りことに向いていない」

と思っていました。

ところがこの走り始めに感じる苦痛は程度の差こそあれ誰にでも訪れる状態なのです。

 

身体の呼吸機能や循環器は、長距離を走る状態に順応するまである程度の時間がかかります。走り始めてから長距離走に最適な状態に身体が対応するまでの間は、一時的な酸欠状態になっており、これが身体や呼吸が苦しいと感じる真相です。

このデッドポイント、あるいはデッドゾーンと呼ぶこともありますが、この状態を抜けると身体がすーっと楽になります。

スタートからゴールまで、時間と距離に比例して身体の苦しさが増していくのではありません。このことを体験すると、走ることがより楽しく感じられるようになります。

item18b1a1b4

デッドポイントを抜ける距離や時間は、人によって異なります。

初心者の場合、デッドポイントが最後まで続いたり、ランニングの後半に訪れることもあります。

まずはしっかり走り込んで身体の土台を作りましょう。長い距離を走れる基礎体力がなければ、走っている間中デッドポイントです。

ある程度走り込んで、デッドポイントを抜ける状態がわかってきたら、自分はどれくらいの時間、距離でデッドポイントを抜けるのか、チェックしましょう。

十分なウォーミングアップをして身体を温めてからスタートすると、デッドポイントの負担を減らすことが出来ます。

普段のトレーニングのときから、デッドポイントの状態になっても、ペースをゆるめず計画通り走ることが重要です。

 

デッドポイントの状態の苦痛を減らす

なるべく短い時間でデッドポイントから抜け出す

スタートしてから早い時間帯にデッドポイントがくるようにする

 

以上のことを意識しながら練習を続けるようにして下さい。デッドポイントを知り、上手に付き合うことが、ランニング上達のコツです。

item18b1a1b4a
item18b1a1b4a1

身体の機能が長距離走についていけず順応していこうとしている辛い時間帯がデッドポイントです。

ここで走るペースを保っていけば、体が上手く対応して楽に走り続けることが出来るようになります。

この状態がセカンドウィンドです。

辛いデッドポイントの後に体が軽くなってスイスイ走れる感覚を味わうことで、ランニングが好きになる人は少なくありません。

逆に言えば、セカンドウィンドを体験してはじめて長距離走の醍醐味を噛みしめたと言えるでしょう。

わたしはこのセカンドウィンドのときにハイテンションの音楽がかかるとますます気分がよくなってそのまま空で飛んで行けそうな気持になります(笑)

また、いやなことがあった時も走ってセカンドウィンドを体験すると、爽快な気分になって、気持を切りかえることができます。

ちょっとしたストレス解消法ですね(^^)/

皇居1周ランニング神宮外苑ジョギングコース代々木公園ジョギングコース駒沢公園ジョギングコース井の頭公園ランニングコース長沼公園でトレイルランニング多摩川ランニングコース浅川ランニングコーススポ婚・イベントランニング関連ニュースお台場ランニング

健康 美容 ダイエット とランニングの効果
▶前日〜直前のすごし方
青梅マラソン2013体験レポート▶前日〜直前のすごし方