Homeコースガイド東京マラソンランニングと健康のマメ知識スポ婚・イベント情報
 
item5

マラソンは非常にデリケートな競技だけに、前日からスタートまでをどうすごすかによって結果が違ってきます。

 

レースを控えた前日に一番大切なことは、脚への負担軽減です。

レース前日は走らないのはもちろん、「歩く」「立つ」もできる限り避けるようにしましょう。なかでも長時間棒立ちしないことに神経を使います。

立っていると頭、腰、ひざ、かかとが垂直に並び、自重がもともに脚にかかります。それを避けるため、折りたたみ式のイスの携帯をおすすめします。

移動の電車の中や、会場での受付やトイレが混んでいるさい並ぶのに役立ちます。できれば大会前日に車で移動するのが理想的です。

記録を狙うなら、その場合も観光に歩いたりせず、食事以外はホテルにこもっていましょう。

女性はサンダルやハイヒールなど、かかとが固定されていない履物も厳禁です。指先で地面をつかもうとして、ふくらはぎなどの小さな筋肉が疲れてしまいます。また、レースでも、そうした小さな筋肉を使う誤った走り方に誘導されてしまう恐れがあります。移動中は本番で使わない古いランニングシューズを履くといいでしょう。

前日の夜は飲酒も避けましょう。アルコールは摂取すると脱水に陥りやすいだけでなく、肝臓を一夜、使い続けることになります。

肝臓はレース中のエネルギー代謝で活躍するので、スタートまでは負担を掛けないように気を付けてあげたいものです。コーヒーや緑茶、コーラなどカフェインを含んだ飲料も、前夜からは避けた方がいいでしょう。

カフェインには利尿作用があるので、スタート前に何度もトイレに並ばなくてはならなくなる可能性があります。

事前に水分を補給しようと真水ばかり飲むと、体液が薄まるのを避けるため、排泄されてしまいます。これもまたトイレに行く回数が増える原因になります。

前夜から口にする飲料は、電解質の濃度が体液と同じ「経口補水液」かスポーツドリンクにすると、この問題を解決しやすいです。

 

レース中にエネルギーを枯渇させないため、スタートの直前まで糖質をとったほうがいい場合もあります。

便利なのは切り餅です。

前泊する場合はホテルに備え付けのポットのお湯に、切り餅を復路ごと入れ柔らかくしておきます。それを会場にも携帯し、スタートの1時間前、30分前、15分前に食べます。

 

あとはもう、やってきたことを信じて走るだけです(^^)

item18b1a1b4
item18b1a1b4a
item18b1a1b4a1

皇居1周ランニング神宮外苑ジョギングコース代々木公園ジョギングコース駒沢公園ジョギングコース井の頭公園ランニングコース長沼公園でトレイルランニング多摩川ランニングコース浅川ランニングコーススポ婚・イベントランニング関連ニュースお台場ランニング

健康 美容 ダイエット とランニングの効果
▶前日〜直前のすごし方
青梅マラソン2013体験レポート▶前日〜直前のすごし方