Homeコースガイド東京マラソンランニングと健康のマメ知識スポ婚・イベント情報
 
item5

100〜150mの距離を、全力疾走の7〜8割り程度の力で、繰り返し走るトレーニングを「ウィンドスプリント」といいます。

文字通り風のように爽快に疾走する練習メニューで、次のようなときに取り入れます。

ースピードトレーニングを実施する前の準備運動

ーハードな練習をする前日の予行練習

ー練習後のクールダウンで練習の疲労を抜く

ーフォームの矯正

身体全体を効率よく使ったダイナミックなフォームで、100〜150mの距離を、全力疾走の7〜8割り程度の力で疾走します。

腰を高くキープする、腕を振る、一歩一歩のスライドを大きくする、胸をはって背中を丸めない、ことを意識しながら走りましょう。

またスタートからいきなり疾走するのではなく、徐々にスピードをあげていき、全力疾走の7〜8割のスピードにのったらそのペースを維持しながら走ります。

これをその日の体調やレベルに合わせて1〜10本繰り返します。

 

ウィンドスプリントには次のような効果が期待できます

ースピードを出して走る身体の使い方が身に付く

ー身体全体を使ったダイナミックなフォーム作り

ー心肺機能とスピードの強化

ー疲労抜きとリフレッシュ効果

item18b1a1b4
item18b1a1b4a
item18b1a1b4a1

ウィンドスプリントは風のように爽快に駈ける気持のいいランですが、ウォーミングアップもせずいきなり始めると、故障の原因になります。

また、無理にスピードをあげたり走る間隔を縮めたりすると、かえって疲労をためるばかりか、フォームを崩してしまいます。

カラダに負荷をかけ、筋肉や心肺機能をいじめるトレーニングではありませんので、目的と効果をしっかり認識することが大切です。

kのトレーニングをおこなうときは、周囲に人や自転車がいない場所で、接触や事故に注意を張らないながら行なって下さい。

皇居1周ランニング神宮外苑ジョギングコース代々木公園ジョギングコース駒沢公園ジョギングコース井の頭公園ランニングコース長沼公園でトレイルランニング多摩川ランニングコース浅川ランニングコーススポ婚・イベントランニング関連ニュースお台場ランニング

健康 美容 ダイエット とランニングの効果
▶前日〜直前のすごし方
青梅マラソン2013体験レポート▶前日〜直前のすごし方